持田治右衛門(読み)もちだ じえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持田治右衛門 もちだ-じえもん

?-? 江戸時代前期の武士。
尾張(おわり)名古屋藩の右筆殿中に張り紙をして藩士9人を名ざしし,悪人計10人とした。藩主徳川義直がその意味をたずねると,治右衛門が残りのひとりは主君と直言。義直の怒りをうけたが,家老竹腰正信がこれは忠言であると説いたため,逆に加増されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android