コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持田治右衛門 もちだ じえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持田治右衛門 もちだ-じえもん

?-? 江戸時代前期の武士。
尾張(おわり)名古屋藩の右筆殿中に張り紙をして藩士9人を名ざしし,悪人計10人とした。藩主徳川義直がその意味をたずねると,治右衛門が残りのひとりは主君と直言。義直の怒りをうけたが,家老竹腰正信がこれは忠言であると説いたため,逆に加増されたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android