持田治右衛門(読み)もちだ じえもん

  • 持田治右衛門 もちだ-じえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代前期の武士。
尾張(おわり)名古屋藩の右筆。殿中に張り紙をして藩士9人を名ざしし,悪人計10人とした。藩主徳川義直がその意味をたずねると,治右衛門が残りのひとりは主君直言。義直の怒りをうけたが,家老竹腰正信がこれは忠言であると説いたため,逆に加増されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android