コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿中 デンチュウ

デジタル大辞泉の解説

でん‐ちゅう【殿中】

《古くは「てんちゅう」とも》御殿の中。また、将軍の居所。
江戸時代に流行した木綿の袖なし羽織。胴服(どうぶく)。殿中羽織。
江戸末期に流行した男子用の編み笠一文字笠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんちゅう【殿中】

御殿の内部。
将軍・大名などの居所。
江戸時代、男子用の菅の編み笠。勾配が小さい。一文字。
「殿中羽織」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殿中の関連キーワード掛け筵・掛け蓆謡初め・謡初長裃・長上下津幡直次郎加古川本蔵大内家壁書闇牛斎円志並び大名松平外記石部琴好浅野長矩塩谷判官堀田正俊数寄屋頭御番医師殿中羽織江戸時代柳の間御湯殿内舎人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殿中の関連情報