コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指切りおぶん ゆびきり おぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

指切りおぶん ゆびきり-おぶん

?-? 江戸時代中期の女性。
江戸の呉服屋播磨(はりま)屋の長女。盗癖があり,享保(きょうほう)8年(1723)車坂(台東区)西浄寺の寺男のお布施の包みに手をいれ,中にいたスッポンにかまれたため破傷風となり片腕を切断。尼となって西浄寺の地蔵に奉仕し,以後「指切り地蔵」の名がひろまった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例