コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指導と信従 しどうとしんじゅうFührung und Geleit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指導と信従
しどうとしんじゅう
Führung und Geleit

ドイツの作家 H.カロッサの回想記。 1933年刊。幼年時代から第1次世界大戦にいたるさまざまの出来事,ドイツ文学の豊かな読書体験,幾多の詩人との出会いを通して,医師および作家としての自己を形成していく過程が,内省的に感動をもって語られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

指導と信従の関連キーワードハンス カロッサ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android