指顧(読み)シコ

大辞林 第三版の解説

しこ【指顧】

( 名 ) スル
指さしてかえりみること。 「眼界壮宏真に-に堪へず/日本風景論 重昂
転じて、指図すること。 「婁々其-に応ぜしむるに足り/日本開化小史 卯吉
指呼しこ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android