コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指顧 シコ

デジタル大辞泉の解説

し‐こ【指顧】

[名](スル)
指図すること。「兵を指顧する」
指呼2」に同じ。
「大阪富豪の家々は…もう悉(ことごと)く―の間にある」〈鴎外大塩平八郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しこ【指顧】

( 名 ) スル
指さしてかえりみること。 「眼界壮宏真に-に堪へず/日本風景論 重昂
転じて、指図すること。 「婁々其-に応ぜしむるに足り/日本開化小史 卯吉
指呼しこ 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

指顧の関連キーワード日本開化小史日本風景論重昂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android