コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塩平八郎 おおしお へいはちろう

9件 の用語解説(大塩平八郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大塩平八郎

江戸後期の陽明学者。大坂生。名は後素、字は子起、号は中斎、平八郎は通称。町与力として活躍し、数々献策する。また家塾洗心洞で子弟を教育する。のち天保の飢饉に際して民衆救済の乱を起こした。天保8年(1837)歿、44才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおしお‐へいはちろう〔おほしほヘイハチラウ〕【大塩平八郎】

[1793~1837]江戸後期の陽明学者。阿波の人。大坂の生まれとも。名は後素。号は中斎。大坂町奉行所与力を辞職し、私塾洗心洞(せんしんどう)で子弟の教育にあたった。天保7年(1836)の飢饉(ききん)に際して奉行所に救済を請うたが容れられず、蔵書を売って窮民を救った。翌8年、幕政を批判して大坂で兵を挙げたが、敗れて自殺。著「洗心洞箚記(せんしんどうさっき)」。→天保の飢饉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大塩平八郎【おおしおへいはちろう】

江戸後期の陽明学者。諱(いみな)は正高(まさたか),号は中斎。大坂東町奉行与力,同吟味役を務め,在職中には数々の功績をあげ,世に廉直の評が高かった。辞職後は家塾洗心洞(せんしんどう)を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塩平八郎 おおしお-へいはちろう

1793-1837 江戸時代後期の武士,儒者。
寛政5年1月22日生まれ。大坂東町奉行所で名与力と評される。38歳で辞職,私塾洗心洞(せんしんどう)で陽明学を教授。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)に際し奉行所に窮民救済を進言するがいれられず,蔵書をうって救済につとめ,天保8年決起するが鎮圧され,3月27日自刃(じじん)。45歳。名は正高,のち後素。字(あざな)は子起。号は連斎,中斎。著作に「洗心洞箚記(さつき)」「古本大学刮目(かつもく)」など。
【格言など】四海困窮せば天禄永く絶えん。小人に国家を治めしめば災害並び到る(決起の檄文)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大塩平八郎

没年:天保8.3.27(1837.5.1)
生年:寛政5.1.22(1793.3.4)
江戸後期の儒学者,大坂東町奉行所与力。名は正高のち後素,字は子起,通称平八郎,号は連斎,中軒のち中斎。大坂天満の与力邸で父敬高,母大西氏の子に生まれる。幼くして父母を失い,祖父に育てられ,文化3(1806)年ころから東町奉行所に出仕,天保1(1830)年38歳で退職するまで職務に精励し名与力と評された。特に奉行高井山城守実徳に信任され,切支丹逮捕一件(1827),奸吏糾弾一件(1829),破戒僧侶遠島一件(1830)は3大功績とされる。一方学問に励み陽明学を修めたが,その師については不詳で,むしろ独学かと思われる。文政7(1824)年頼山陽と知り合う。山陽は大塩を「小陽明」と高く評価した。天保1年高井山城守の転任に際し退職隠居し,家塾洗心洞にあって学問と教授に専念。『古本大学刮目』『洗心洞剳記』『儒門空虚聚語』などを著した。その思想は陽明学の「帰方虚」説と「致良知」説を中核とするが,きわめて主観唯心論的であることが,実践の直接性につながると考えられる。天保7年の飢饉において東町奉行跡部山城守良弼(水野忠邦の実弟)にしばしば対策を建言するも却下され,意を決して翌8年2月初め市中賑恤のため自己の蔵書を売り払い620両余を得,またひそかに近在農民に挙兵の檄文を撒き,2月19日朝蜂起するが1日で鎮圧された。平八郎は潜伏し,約40日後市中油掛町美吉屋にて捕吏に迫られ自焼自尽した。その後備後三原(4月),越後柏崎(6月),摂津能勢(7月)で挙兵呼応の動きがあった。<参考文献>幸田成友『大塩平八郎』,岡本良一『大塩平八郎』,宮城公子『大塩平八郎』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおしおへいはちろう【大塩平八郎】

1793‐1837(寛政5‐天保8)
江戸後期の大坂東町奉行所与力で陽明学者。1837年2月に大坂で乱を起こして自殺。父は平八郎敬高,母は大西氏。出生地には大坂天満と阿波美馬郡の2説がある。幼くして両親を失い,与力であった祖父のあとを継ぐ。幼名文之助,長じて平八郎と称し,諱(いみな)は正高,のち後素。字は子起,士起,与力退職後は連斎または中斎という。与力在職中,東町奉行高井実徳に重用されて下記の三大功績をあげ,世に廉直の評が高かった。すなわち1827年(文政10)豊田貢(みつぎ)らのキリシタン類似の宗教を弾圧し,29年には四ヵ所非人と結んで不正を働いた西町奉行所筆頭与力弓削新右衛門を処断し,30年には破戒僧数十名を遠島の刑に処した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおしおへいはちろう【大塩平八郎】

1793~1837) 江戸後期の陽明学者。大坂の人。もと大坂町奉行の与力。号は中斎。家塾「洗心洞」を開き子弟に教授。天保の飢饉(1836年)のとき救済を町奉行所に訴えたが入れられず、蔵書を売って難民を救う。翌年二月門下の与力・同心などと、幕政を改めさせるために挙兵したが失敗して自殺。著「洗心洞箚記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塩平八郎
おおしおへいはちろう

[生]寛政5 (1793).大坂
[没]天保8 (1837).3.27. 大坂
江戸時代後期の陽明学者。父は大坂町奉行所与力大塩敬高。名は後素,字は子起,通称平八郎,中斎と号した。家塾を洗心洞と称する。大塩家は代々大坂町奉行所の与力であった。平八郎も与力職につき,のち文政3(1820)年東町奉行高井山城守実徳に重用され吟味役となり,邪教事件や賄賂政治処断などに敏腕をふるい名声を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塩平八郎
おおしおへいはちろう
(1793―1837)

江戸後期の陽明学者、大坂町奉行与力(まちぶぎょうよりき)。諱(いみな)は後素、字(あざな)は子起、号は連斎、中斎など。幼少期に父母を亡くしたため、大坂町奉行与力だった祖父の嗣(し)となり、13~14歳ころより町奉行所に出仕する。かたわら、ほとんど独学にて陽明学を修得し、30代の前半に自宅に私塾「洗心洞(せんしんどう)」を開く。門弟には、江戸時代後期、動揺する幕藩制支配の最末端を担った大坂町奉行の与力・同心や、近隣の農村の村落支配者層が多かった。大坂町奉行与力としては切支丹(キリシタン)逮捕、奸吏(かんり)糺弾、破戒僧遠島等々の実績をあげ、与力としての役職の頂点に昇るが、上司の高井山城守(やましろのかみ)(実徳(さねのり)、1763―1834)の辞任と進退をともにし、38歳にて致仕する。以後は「洗心洞」での講学と著述に専心し、『洗心洞箚記(さっき)』上下2巻、『儒門空虚聚語(しゅうご)』2巻、『同附録』1巻、『増補孝経彙註(いちゅう)』1巻、『古本大学刮目(かつもく)』8巻などの著述をなす。その陽明学は経書の解釈において、また、中国・宋明(そうみん)時代の儒者の著作の博引ぶりにおいて、幕末の儒林で有数のものである。1836年(天保7)、年来の大飢饉(ききん)のなかで大坂市中に餓死人が続出すると、陽明学の「万物一体の仁」の立場より、その惨状を傍観視できず、当局に救済策を上申するが拒否される。翌1837年2月、近隣の農民に檄文(げきぶん)を飛ばし、大坂市中の諸役人とそれと結託した特権豪商を誅伐(ちゅうばつ)するため、門弟とともに挙兵するが、小一日もちこたえられず敗走。市中潜伏中、幕吏に囲まれ、同年3月27日自刃。墓は大阪市北区末広町、成正寺(じょうしょうじ)内にある。[宮城公子]
『宮城公子編『大塩中斎』(『日本の名著27』所収・1984・中央公論社) ▽岡本良一著『大塩平八郎』改訂版(1975・創元社) ▽宮城公子著『大塩平八郎』(1977・朝日新聞社/復刊・2005・ぺりかん社) ▽幸田成友著『大塩平八郎』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大塩平八郎の言及

【大阪[市]】より

…さらに都市貧民の増大により市中に打毀が起こった。天明大飢饉には大規模な打毀があったし,1837年(天保8)元与力で陽明学者大塩平八郎の蜂起は全国に衝撃を与えた。このころから大坂の市況は停滞しはじめた。…

【大塩の乱】より

…1837年(天保8)2月19日に,元大坂東町奉行所与力で陽明学者の大塩平八郎(中斎)が,門弟の与力・同心や近隣の豪農を中心に幕政の刷新を期して大坂で起こした事件。前年12月ごろから蜂起の決意を固めてひそかに檄文を印刷し,翌年2月6日から3日間蔵書を売却して得た資金で貧民1万軒に金1朱ずつを施行(せぎよう)したが,その額は620両余に及んだ。…

【洗心洞劄記】より

…陽明学者大塩中斎(平八郎)の主著。1833年(天保4)家塾板として出版し,35年に〈後自述〉と門人による跋文を加えて精義堂より再版した。上下2巻。洗心洞は中斎の私塾名,劄記はノートの意で,中斎自身の語録と中国儒者の言葉についての独自の解釈を示したもので,〈太虚に帰す〉と〈明体適用〉の思想を展開し,37年の大塩の乱の背景をうかがいうる。《日本思想大系》所収。【酒井 一】…

【太虚】より

…北宋の張載(ちようさい)は無形の宇宙空間を太虚とし,万物はそこに充満する気の自己運動によって形成され,消滅するとふたたび太虚に帰るとする気の哲学を樹立した。明の王守仁(陽明)は〈良知の虚はすなわち天の太虚〉と述べ,大塩平八郎はこの張・王の影響を受けつつ,〈帰太虚〉の哲学を唱道し,日本思想史上に異彩を放っている。【三浦 国雄】。…

【矢部定謙】より

…左近将監,駿河守。堺奉行を経て1833年(天保4)大坂町奉行となり,天保の飢饉にさいして元与力大塩平八郎の意見をいれ,米価を調節し窮民の救済に当たり功績を挙げた。その後,庄内藩,長岡藩,川越藩の三方領知替の際には庄内領民の反対運動を取り上げて再審の上書を提出した。…

※「大塩平八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大塩平八郎の関連キーワード矢部定謙大坂町奉行大塩平八郎の乱北町奉行三奉行町与力南町奉行江戸・中町奉行所〈2〉大塩の乱堀田沙羅

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大塩平八郎の関連情報