コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指呼 シコ

デジタル大辞泉の解説

し‐こ【指呼】

[名](スル)
指さして呼ぶこと。指さしてそれと言うこと。「指呼していわく」
呼べば答えるほどの近い距離。「道を隔てて指呼(かん)にある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこ【指呼】

( 名 ) スル
指さして呼ぶこと。
呼べば答えが返るほどの近い距離。 「 -の中うち」 「 -の間かんに望む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

指呼の関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓五色塚古墳発光信号朱仙鎮指顧菅搔

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指呼の関連情報