指呼(読み)シコ

デジタル大辞泉の解説

し‐こ【指呼】

[名](スル)
指さして呼ぶこと。指さしてそれと言うこと。「指呼していわく」
呼べば答えるほどの近い距離。「道を隔てて指呼(かん)にある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこ【指呼】

( 名 ) スル
指さして呼ぶこと。
呼べば答えが返るほどの近い距離。 「 -の中うち」 「 -の間かんに望む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐こ【指呼】

〘名〙
① (━する) 指さしてぶこと。呼びよせて使うこと。
※明徳記(1392‐93頃か)中「あたりを払へる有様は高祖の韓信・彭越が両将の機をつかさどて、百万の兵を指呼に随へしに異ならず」
※奇想凡想(1920)〈宮武外骨〉我輩が公に有する財産「幾十万巻の蔵書は指呼(シコ)の儘に我机上の物と成る」 〔劉子翬‐劉兼道猟詩〕
② 呼べば声が届いて答えられるほどの近い距離。指顧
※浄瑠璃・浦島年代記(1722)一「三万里の蓬莱、指呼(シコ)の中」
※生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉二「平野をはさんで指呼の間に、〈略〉杉野の家が見える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指呼の関連情報