指呼(読み)しこ

精選版 日本国語大辞典「指呼」の解説

し‐こ【指呼】

〘名〙
① (━する) 指さしてぶこと。呼びよせて使うこと。
※明徳記(1392‐93頃か)中「あたりを払へる有様は高祖の韓信・彭越が両将の機をつかさどて、百万のを指呼にへしに異ならず」
※奇想凡想(1920)〈宮武外骨〉我輩が公に有する財産「幾十万巻の蔵書は指呼(シコ)に我机上の物と成る」 〔劉子翬‐劉兼道猟詩〕
② 呼べば声が届いて答えられるほどの近い距離。指顧
浄瑠璃・浦島年代記(1722)一「三万里の蓬莱、指呼(シコ)の中」
※生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉二「平野をはさんで指呼の間に、〈略〉杉野の家が見える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「指呼」の解説

し‐こ【指呼】

[名](スル)
指さして呼ぶこと。指さしてそれと言うこと。「指呼していわく」
呼べば答えるほどの近い距離。「道を隔てて指呼かんにある」
[類語]手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く目前鼻先手が届く咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り・ついそこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「指呼」の解説

【指呼】しこ

指さして呼ぶ。〔宋史注伝〕(交人)攻取を問ふ。對へて曰く、昔(むかし)~溪洞の兵、一もて十に當るべし。甲堅利、親信の人、皆指呼してふべし。今は兩(ふたつ)ながら昔に如(し)かず。

字通「指」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android