コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捲りカルタ メクリカルタ

デジタル大辞泉の解説

めくり‐カルタ【×捲りカルタ】

江戸後期、天明(1781~1789)のころに流行したカルタ。また、それを用いて行う賭博(とばく)。48枚の札を1枚ずつめくり、手札との組み合わせなどで点数を競う。めくり札。
花札のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めくりカルタ【捲りカルタ】

四八枚の札を用いて、花合わせの八八と同様の方法でする競技。また、その賭博とばく。天明(1781~1789)の頃盛んに行われた。めくり札。
花ガルタ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

捲りカルタの関連キーワード藩学一覧ドンM召喚対抗力強姦罪死刑召喚鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone