掃攘(読み)ソウジョウ

  • そうじょう サウジャウ
  • そうじょう〔サウジヤウ〕
  • 掃×攘

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)はらいのけること。特に江戸末期、異国の侵略をはらいのけること。
「今此時に―せずんば」〈条野有人・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
はらいのぞくこと。特に幕末、外国を排撃すること。 天下の人民力を戮あわせて夷狄を-せんと/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 はらいのぞくこと。特に江戸末期、異国の侵略をはらいのぞくことをいう。また、異国人を排斥すること。攘夷。
※禁令考‐前集・第二・巻一二・元治元年(1864)三月「長藩処置并外国制禦方諸藩献言〈略〉掃攘之儀に就而者素より聖明之勅意も被為在、今更申上候迄も無之候得共」 〔日誌字解(1869)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android