掌蹠多汗症(読み)ショウセキタカンショウ

デジタル大辞泉の解説

しょうせき‐たかんしょう〔シヤウセキタカンシヤウ〕【掌×蹠多汗症】

手のひらや足の裏に、日常生活に不便を感じるほど大量の汗をかく病気。ストレスや緊張に関係なく発汗するのが特徴。交感神経機能亢進(こうしん)が原因とされる。治療法は、神経遮断薬や外用制汗剤による薬物療法心理療法、胸部交感神経遮断手術など。手掌多汗症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の掌蹠多汗症の言及

【汗腺】より

…また乳腺を一つの巨大な大汗腺とみなすこともできる。【山内 昭雄】
【汗腺の病気】
 精神性発汗で異常に発汗するものを掌蹠多汗症といい,指先や手掌,足底の皮がうすくむける状態を汗疱という。かんきつ類を多量に食べる人はその色素成分であるカロチンが汗とともに排出され,手掌,足底が黄染することがあり,柑皮症auvantiasisという。…

※「掌蹠多汗症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android