吸入(読み)きゅうにゅう

精選版 日本国語大辞典「吸入」の解説

きゅう‐にゅう キフニフ【吸入】

〘名〙
① (━する) 吸い入れること。吸い込むこと。吸収すること。
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉五「洽ねく人間の交際に停滞不流の元素を吸入せしめたるものは」
② (━する) 治療の目的で、ガス薬物蒸気などを口から吸い込むこと。
西説内科撰要(1792)一五七章「乳香一味を取てを熾炭上に尚へ煙気をしてに挙せしめ就て之を吸入す」

すい‐い・れる すひ‥【吸入】

〘他ラ下一〙 すひい・る 〘他ラ下二〙 吸って中に入れる。吸い込む。吸入する。
※名語記(1275)六「くちに物をすひいるるに すっとすふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「吸入」の解説

吸入【きゅうにゅう】

吸気を利用して種々の薬剤等を気道に送ること。呼吸困難時の酸素吸入,去痰(きょたん)のための蒸気吸入,気管支疾患に対する気管支拡張剤抗炎症剤抗生物質等の吸入である。最近は,圧を加えて薬剤を注入するエーロゾル療法が用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android