吸入(読み)キュウニュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐にゅう〔キフニフ〕【吸入】

[名](スル)吸い入れること。特に、治療のため、薬物・気体などを吸い込むこと。「酸素を吸入する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐にゅう キフニフ【吸入】

〘名〙
① (━する) 吸い入れること。吸い込むこと。吸収すること。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「洽ねく人間の交際に停滞不流の元素を吸入せしめたるものは」
② (━する) 治療の目的で、ガス、薬物、蒸気などを口から吸い込むこと。
※西説内科撰要(1792)一五七章「乳香一味を取て諸を熾炭上に尚へ煙気をして盛に挙せしめ就て之を吸入す」

すい‐い・れる すひ‥【吸入】

〘他ラ下一〙 すひい・る 〘他ラ下二〙 吸って中に入れる。吸い込む。吸入する。
※名語記(1275)六「くちに物をすひいるるに すっとすふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報