コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排蘆小船 あしわけおぶね

世界大百科事典 第2版の解説

あしわけおぶね【排蘆小船】

本居宣長歌論書。成立年は不詳だが,宣長の京都遊学時代(22~26歳)に成ったかとされる。歌論の処女作である。問答体で和歌に関する諸問題を論じているが,歌の本質を,政治からも修身からも自由な心の所産とした,つまり,文芸の自律性を最重視した点で革新的な歌論であった。のちに,宣長は,《石上私淑言(いそのかみのささめごと)》(1763)でこの考えをさらに深化精密化してゆく。【佐佐木 幸綱】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

排蘆小船の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android