コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘棒耕 ほりぼうこうdigging stick cultivation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掘棒耕
ほりぼうこう
digging stick cultivation

掘棒を主要な農具とする農耕。低農耕の生産経済形態の一つで,経済史家の E.ハーンは,を使う農耕と一括して耨耕 (どうこう) に分類している。オセアニアニューギニア,中央アフリカの原始林地帯,南アメリカの熱帯森林地帯でみられ,オセアニア,ニューギニアでは芋類や果実を,南アメリカでは穀類を栽培している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

掘棒耕の関連キーワードポリネシア農耕民族マオリ族セノイ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android