コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘棒 ほりぼうdigging stick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掘棒
ほりぼう
digging stick

原始的農具一種で,よく土を掘ることができるように先をとがらせた。採集民たちは球根掘りなどに用い,またをもたない原始農耕民たちは,土を浅く耕したり,種や芋の芽を植付ける穴を掘るために用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほりぼう【掘棒】

可食性の根茎塊根を掘り出したり,土を軟らかくしたり,突いて植穴を作ったり,除草のためなどに用いられる棒。もっとも簡単な掘棒は,棒の下端を削ってとがらせただけのものである。この種の簡単な掘棒は採集狩猟民にひろくみられるほか,東南アジアやインド,オセアニア,さらに熱帯アメリカなどの焼畑農耕民のもとにもひろく分布している。掘棒には使いやすくするため,さまざまの形態のものが生み出された。その下端を広くしてシャベル状にしたり,先端を二叉にしたり,さらに石器骨器あるいは金属器の刃先を装着したものも少なくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掘棒
ほりぼう

原始的な農耕具。棒の先端をとがらせただけのものが世界の広い地域で行われ、メラネシアポリネシア、ミクロネシアなど、タロイモ、ヤムイモ栽培民の間では唯一の農耕具となっている。わが国では、鍬(くわ)や鋤(すき)が弥生(やよい)時代にすでに発達し、掘棒は根菜類の採取にもっぱら使用される。自然薯(じねんじょ)掘、竹の子掘、ねぶか掘、にんじん掘、ごぼう掘などとよばれるものがそれで、多くは柄(え)の先端に鉄の刃先を取り付ける。薩南(さつなん)諸島から沖縄にかけてはクイとかビラ(ヘラ)とよばれる大小の掘棒で田芋(タロイモ)や甘藷(かんしょ)の植え付け・収穫を行っている。『万葉集』冒頭の菜摘みの歌に詠まれる「ふくし」(掘串)は小型の掘棒とみられる。[木下 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の掘棒の言及

【すき(犂)】より

…犂の登場はまた,牛車と並んで,人間が自らの筋力以外の〈動力〉を初めて使用した例として,技術史的にも重要な事件であった。畜力用耕具の犂に対し,掘棒(くわ)(耨),(すき)などは人力用耕具と呼ぶ。産業革命を経てトラクターが発明されるまでの19世紀前半には,ヨーロッパやアメリカでは蒸気機関に犂をひかせて耕起することもあったが,今日では蒸気犂による機械耕はトラクター耕に取って代わられた。…

【農具】より


[根栽農耕]
 一年を通じて高温多湿な湿潤熱帯に広く分布する農耕で,ヤムイモ,タロイモなどの各種のいも類,バナナなどの樹木作物を主作物とする。根栽農耕の主要農具は掘棒であり,新旧両大陸の同農耕地帯全域に広く分布している。掘棒は採集狩猟民が用いるやりや棍棒状の武器から発展したものと考えられる。…

※「掘棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掘棒の関連キーワードバスケット・メーカー文化オーストラリア先住民ニューギニア高地民メラネシア[人]狩猟採集文化カランボ遺跡根栽農耕文化すき(犂)コチセ文化トルマイ族すき(鋤)くわ(鍬)星辰崇拝ケチュアペアル族農耕民族マオリ族掘棒耕セノイベッダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android