コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耨耕 どうこうhackbau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耨耕
どうこう
hackbau

掘棒などを人力で操作する最も原始的な耕作法。経済史学家の E.ハーンは技術史的な面から農耕技術史を耨犂耕 (りこう) とに分類した。タロイモヤムイモキャッサバなどを耕作する根茎栽培民には掘棒がよくみられ,穀物栽培民には鍬による耕作がみられる。低度のものでは移動式焼畑農耕を行い,高度になると耕地休閑,交代や灌漑さえみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耨耕の関連キーワード犂耕・犁耕輪栽式農業農耕民族ハック耕ゴンド掘棒耕中耕

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android