コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛橋富松 かけはし とみまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

掛橋富松 かけはし-とみまつ

1882-1967 明治-昭和時代の神職。
明治15年2月8日生まれ。高知県檮原(ゆすはら)村の天神宮などの宮司(ぐうじ)を歴任津野山神楽(かぐら)の最後の正統継承者として,昭和23年に結成された神楽保存会にその技をつたえ,後進を指導した。神楽は55年国の重要無形民俗文化財に指定された。昭和42年6月27日死去。85歳。高知県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

掛橋富松の関連キーワード昭和時代神職明治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android