コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)流し カケナガシ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ながし【掛(け)流し】

その場かぎりで、真実味のないこと。
「その場かぎり、―の心易いはなしなれど」〈荷風・かたおもひ〉
品物などを、一度使っただけで捨ててしまうこと。また、そのもの。使い捨て。
「紅摺り化して―の夏相思草入(なつたばこい)れとなり」〈洒・風俗問答〉
流れ出るままにしておくこと。垂れ流し。
「屎(くそ)小便も―で」〈滑・浮世風呂・二〉
3からの転用》温泉で、源泉の湯をそのまま、または温度調整だけをして浴槽に満たし、あふれた湯は循環させずに捨ててしまうこと。「源泉掛け流し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)流しの関連キーワード番水制

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android