コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)花 カケハナ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐はな【掛(け)花】

四季の花や鳥を組み合わせて薬玉(くすだま)の形に作り、部屋飾りに用いたもの。江戸時代公家の間で多く行われた。

かけ‐ばな【掛(け)花/懸(け)花】

生け花で、壁・柱などに掛けた花器に生けた花。→置き花釣り花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)花の関連キーワード生け花川開き綱火薬玉