薬玉(読み)くすだま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬玉
くすだま

5月5日の端午節供すだれや柱に掛ける飾り物。香りのよい物を袋に包み,これにヨモギショウブなどを結びつけて,5色の糸を長く垂れ下げたもの。薬は麝香1両,沈香1両,丁子 50粒,甘松1両,竜脳半両を入れ,薬玉1連 12,閏月のある年には 13,袋は錦を用いるのを定法とした。この薬玉は9月9日の重陽の節供にあたって菊花に取替えられるまで掛けられていた。家の中に入る悪気や邪気を防ぐ効果があると考えられた。『枕草子』に「きさいの宮などには縫殿より御薬玉とて色々の糸を組みさげて参らせたれば,御帳たてまつる母屋の柱の左右につけたり。九月九日の菊をあやとすずしの絹につつみて参らせたるを同じ柱にゆひつけて月頃あるくす玉にとりかへて…」とある。中国では続命縷長命縷五色縷,縷索,辟兵絵などと称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くす‐だま【薬玉】

種々の香料を詰めた錦(にしき)の袋に薬草や造花をつけ、長い5色の糸を垂らした飾り物。不浄を払い、邪気を避けるものとして、端午の節句に柱などに飾った。中国の風習が輸入されたもの。くすりの玉。続命縷(しょくめいる)。長命縷。 夏》「―の人うち映えてゆききかな/虚子
造花などで1に似せて作った飾り物の玉。式典・祝い事などに用い、割ると中からハトや紙吹雪が出るものもある。飾り花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

薬玉【くすだま】

5月5日,端午の節供の飾物。麝香(じゃこう),沈香などの香料を玉にして錦の袋に入れ,ショウブやヨモギ等を結び五色の糸を長くたらす。続命縷(しょくめいる),長命縷ともいい中国から伝わった風習で,薬玉を身につけたり,簾(すだれ)や柱にかけると,邪気をはらい寿命を延ばすとされた。今は商店の開店祝などの飾りに使われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くすだま【薬玉】

端午の節供に用いる飾物。もと中国から伝来した習俗で中国では続命縷(しよくめいる),長命縷,五色縷などといい,5月5日にこれをひじにかけると邪気をはらい,悪疫を除き,寿命をのばすききめがあるとして,古くから用いられた。日本でははじめショウブとヨモギの葉などを編んで玉のようにまるくこしらえ,これに5色の糸をつらぬき,またこれに,ショウブやヨモギなどの花をさしそえて飾りとした。室町時代より後は薬玉を飾る花は造花となり,サツキ,ショウブその他四季の花が用いられ,また中に麝香(じやこう),沈香,丁子(ちようじ),竜脳などの薫薬(くんやく)を入れたため,薬玉はにおい入りの玉となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くすだま【薬玉】

種々の香料を玉にして錦の袋に入れ、糸や造花で美しく飾ったもの。悪疫払いや長寿を願って、端午の節句などに柱・壁などにかけた。長命縷ちようめいるもこの一種。 [季] 夏。
をまねた飾り物の玉。七夕飾りや式典の飾りとし、割れると中から紙吹雪やテープ、ハトが飛び出すものもある。飾り花。 「 -割り」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬玉
くすだま

じゃ香、沈香(じんこう)、丁字(ちょうじ)などの香料を玉にして錦(にしき)の袋に入れ、さまざまな造花で飾り、ショウブやヨモギなどを添えて挿し、五色の糸飾りを長く垂れ下げたもの。古く中国から伝わり、『続(しょく)日本後記』仁明(にんめい)天皇嘉祥(かしょう)2年(849)5月5日の項に「薬玉」とあるのが最初とされる。5月5日端午の節供にこれを柱などにかけて邪気を払うまじないとした。平安時代に宮中ではこの日、薬玉を下賜し、諸人肘(ひじ)にこれをかけて長命のまじないとした。またこれを柱にかけておき、9月9日重陽(ちょうよう)の節供(菊の節供)に菊花を絹に包んだものと取り替える風習があった。貴族間では当時贈答も行われたことが『枕草子(まくらのそうし)』『源氏物語』などにもみえている。この行事も江戸時代に入るとしだいに後退したが、それにかわって、民間で女児の玩具(がんぐ)として新しく流行した。京には薬玉売りも現れ、端午の節供には女児がいろいろの造花を紙に張って細工したものを背中にかけたり、肘に下げたりした。薬玉の古い習俗の名残(なごり)であるが、この紙細工はさらに技巧を加えて手芸品に発展し、茶器の袋などに応用された。現在は乳児向きの吊(つる)し物玩具に用いられるほか、商店の開店祝い、弔事の供物などに使われる。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くす‐だま【薬玉】

〘名〙
① 五月五日の端午の節供に、邪気を払い、不浄を避けるものとして柱や簾(すだれ)にかけたもの。麝香(じゃこう)、沈香(じんこう)、丁子(ちょうじ)などの香料を錦の袋に入れ、円形にして糸や造花で飾り、菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)をあしらい、五色の糸を長く垂らしたもの。長命縷。続命縷(しょくめいる)。くすりのたま。《季・夏》
※続日本後紀‐嘉祥二年(849)五月五日「五月五日に薬玉(くすだま)を佩きて酒を飲む人は」
※枕(10C終)三九「中宮などには縫殿より御くす玉とて、色々の糸を組み下げて参らせたれば」
② 数珠(じゅず)玉②の実。
※玉塵抄(1563)二四「薏苡のくす玉を車にのせてきたぞ」
③ 式典や七夕(たなばた)の飾りなど、①に似せてつくったもの。式典用のものは、中心から左右に割れて、中から垂れ幕や紙吹雪などが出てきたりする。
※風俗画報‐五二号(1893)人事門「灌仏会には〈略〉延命袋、薬玉(クスダマ)の類を出品し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の薬玉の言及

【香】より

…趣味,実用にも用いられ,正倉院にもあるえび香は沈香,白檀,丁香,麝香,甘松等を砕粉調合したものであるが,薫衣,防虫に用いられ,薫衣香ともいう。調合した香を袋に入れ,柱に掛けて装飾をも兼ねれば掛香,薬玉(くすだま),訶梨勒(かりろく)となり,懐中にすれば匂袋である。翫香は実用性を脱して趣味性,審美性に徹したもので一木の沈香木を心ゆくまで賞翫する一炷(いつちゆう)聞,文学的美意識と結合した組香による聞香(もんこう)を生み出し,日本独自の佳薫の芸道を成立させた。…

【端午】より

…菖蒲はこの日ひろく用いられ,近世には菖蒲酒を飲み,菖蒲湯に浴すということも行われた。また,奇(くす)しく霊なる意味から薬の玉を室内に飾り,身につけ,邪気をはらう意があった薬玉(くすだま)は,寿命を延べることから続命縷(しよくめいる)と称し,五色の糸で作り季節の花を,それにつけて贈答する風もあった。平安時代には,天皇が武徳殿に出席して騎射(うまゆみ)と競馬が5日,6日の2日間にわたって行われ,のち宴が催された。…

【チョウジ(丁子∥丁字)】より

…中国では古く鶏舌香とよばれ,後漢の応劭の《漢官儀》には宮中で皇帝と話すときに口臭消しとしてこれを口に含んだとある。日本に渡来したのは8世紀ごろとされ,薫香や防腐用として珍重されたが,平安時代に五月節供に辟邪(へきじや)延命の呪具(じゆぐ)として身につけた薬玉(くすだま)に,麝香(じやこう),沈香(じんこう),丁子などの香料を入れたという。この薬玉に似た風習が,沖縄の八重山群島でかつて見られた背守りの風習である。…

※「薬玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬玉の関連情報