コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採撰亭直古 さいせんてい なおふる

美術人名辞典の解説

採撰亭直古

別号幸の屋、初号香久山鉾杉。通称柴崎十兵衛。古鉄商・後書肆となり稲川詩草等を木活字にて印刷する。四方側判者。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

採撰亭直古 さいせんてい-なおふる

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
駿河(するが)(静岡県)江川町にすみ,古銭商,のち本屋をいとなむ。文化2年(1805)四方側(よもがわ)の判者となる。のち江戸京橋にうつった。通称は柴崎十兵衛。別号に香久山鉾杉,幸の屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

採撰亭直古の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android