接続料(読み)セツゾクリョウ

デジタル大辞泉の解説

せつぞく‐りょう〔‐レウ〕【接続料】

インターネット接続などの通信サービスの対価として、一般の利用者接続事業者に支払う料金。使用した時間・データ量に応じて支払額が変わる従量制や、支払額が固定される定額制など、さまざまな課金方式がある。
固定電話携帯電話通話で、発信側と着信側の通信事業者が異なる場合に、発信側の事業者から着信側の事業者に支払われる料金。通話料を通じて一般の利用者が間接的に負担する。着信側事業者の通信設備も使用することで通話が成立するため徴収されるもので、固定電話より携帯電話で高く、携帯電話の通話料(特に他社間通話)が高止まりしている一因とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

接続料

電話会社が相互に支払う携帯回線の「使用料」。利用者がA社の携帯からB社の携帯に電話をすると、途中からB社の回線を使うので、通話時間に応じてA社がB社に料金を支払う。利用者が電話会社に支払う通話料は、この接続料に会社のコストや利益が上乗せされている。

(2009-07-08 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接続料の関連情報