コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掲傒斯 けいけいしJiē Xī sī

世界大百科事典 第2版の解説

けいけいし【掲傒斯 Jiē Xī sī】

1274‐1344
中国,元の学者。竜興富州(江西省豊城県)の人。字は曼碩(まんせき)。前後して湖南廉訪使になった程鉅夫(ていきよふ),盧(ろし)らに認められ,程鉅夫の従妹と結婚,盧執の推薦によって仁宗の延祐元年(1314)翰林国史院編修官に就任。以来中央にあって諸帝に仕え,その博識と文才を傾けて活躍した。順帝の命により遼・金・宋三史編纂の総裁官に列し,《遼史》を完成。《金史》編纂中に死した。書は端正古雅,とくに行書にすぐれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掲傒斯の関連キーワード虞集

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android