文才(読み)もんざい

精選版 日本国語大辞典「文才」の解説

もん‐ざい【文才】

〘名〙 (「もんさい」とも)
① 学問、特に漢学
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「『の祿になによかりなん〈略〉いとかたからん、文さいにはなにかは』とて」
② 文筆の才。文芸の才。ぶんさい。
※天草本平家(1592)読誦の人に対して書す「monsaini(モンサイニ) ナ タカキ ゲンエ ホウインノ セイサク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「文才」の解説

もん‐ざい【文才】

《「もんさい」とも》
文筆の才。ぶんさい。
学問、特に漢学の才。
「―をばさるものにていはず」〈・絵合〉

ぶん‐さい【文才】

文章を巧みに書く才能。文学的才能。もんざい。「文才に恵まれる」
[類語]筆才文藻詞藻詩才能力力量才能才覚才気手筋手際手腕手並み腕前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android