文才(読み)ブンサイ

  • もんざい

デジタル大辞泉の解説

文章を巧みに書く能。文学的才能。もんざい。「文才に恵まれる」
《「もんさい」とも》
文筆の才。ぶんさい。
学問、特に漢学の才。
「―をばさるものにていはず」〈・絵合〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「もんさい」とも)
① 学問、特に漢学の才。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「『文の祿になによかりなん〈略〉いとかたからん、文さいにはなにかは』とて」
② 文筆の才。文芸の才。ぶんさい。
※天草本平家(1592)読誦の人に対して書す「monsaini(モンサイニ) ナ タカキ ゲンエ ホウインノ セイサク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文才の関連情報