コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼史 リョウシ

世界大百科事典 第2版の解説

りょうし【遼史 Liáo shǐ】

中国,遼王朝の正史。元の脱脱(トクト)らが勅を奉じて,1344年(至正4)に完成した。内容は本紀30巻,志32巻,表8巻,列伝45巻,国語解1巻。国語解は契丹語の意味を漢訳したもの。耶律儼(やりつげん)の《皇朝実録》や陳大任の《遼史》を基礎にし,《資治通鑑(しじつがん)》や《契丹国史》など参考にして編纂されたが,疎略な所も多く,《遼史校勘記》などを参照すべきである。【萩原 淳平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうし【遼史】

中国、二十四史の一。遼朝の歴史を記した書。一一六巻。元の脱脱らの撰。1345年成立。本紀三〇巻、志三二巻、表八巻、列伝四五巻、国語解一巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遼史の関連キーワード元の時代(年表)二十二史箚記二十二史考異烏古・敵烈紀事本末体契丹文字二十一史契丹国志地理志掲傒斯厲鶚

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遼史の関連情報