遼史(読み)りょうし

精選版 日本国語大辞典「遼史」の解説

りょうし レウシ【遼史】

史書。中国の正史、二十五史の一つ。一一六巻。元の順帝の時、脱脱らの奉勅撰。至正四年(一三四四)成立。遼の歴史を紀伝体で記録し、本紀三〇・志三二・表八・列伝四五・国語解一巻からなる。遼の法令で国書の国外持出しの禁止をしたことと、戦乱のため、耶律儼、陳大任の二家の記録だけで編纂されたため不備な点が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「遼史」の解説

りょうし【遼史 Liáo shǐ】

中国,遼王朝の正史。元の脱脱(トクト)らが勅を奉じて,1344年(至正4)に完成した。内容は本紀30巻,志32巻,表8巻,列伝45巻,国語解1巻。国語解は契丹語の意味を漢訳したもの。耶律儼(やりつげん)の《皇朝実録》や陳大任の《遼史》を基礎にし,《資治通鑑(しじつがん)》や《契丹国史》など参考にして編纂されたが,疎略な所も多く,《遼史校勘記》などを参照すべきである。【萩原 淳平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android