行書(読み)ぎょうしょ

  • ぎょうしょ ギャウ‥
  • ぎょうしょ〔ギヤウ〕

大辞林 第三版の解説

漢字の書体の一。楷書の画をやや崩した書体だが、楷書より先に発生した。行書体。行。 → 楷書草書

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 漢字の書体の一つ。楷書と草書との中間にあたり、楷書をややくずした書体。行書体。行。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「同羲之行書巻第五十六」
※授業編(1783)一「書を学ぶには楷書小楷行(キャウ)書を先とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

漢字の書体の1つ
楷書 (かいしよ) と草書 (そうしよ) との中間の書体で,楷書をややくずして書く。後漢 (ごかん) のころに始まり,魏晋時代に完成した。書の芸術性が高められ,王羲之などの書家が活躍,「蘭亭序」(王羲之筆)などの作品が残っている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の行書の言及

【漢字】より

…いわば漢字のデモティック・スタイルdemotic styleである。このほか行書というのは,楷書をややくずした形で楷書ほど角ばらないときに用いられる。 字体の変遷とともにときどき文字の整理ないし定着化が試みられた。…

【書体】より

… 六朝時代にはこの意匠化した文字がはなはだ流行した。劉宋の王愔(おういん)《古今文字志目》は古書体36種として,古文篆,大篆,小篆,隷書,象形篆,科斗,殳書,繆書,鳥書,尚方大篆,鳳書,魚書,竜書,麒麟書,亀書,蛇書,仙人書,雲書,芝英書,金錯書,十二時書,懸針書,垂露書,倒薤書,偃波書,蚊脚書,草書,行書,楷書,藁書,塡書,飛白書などをあげている。このうち大篆,小篆,隷書,草書,行書,楷書,藁書などは小篆系の現在も通行の書体であり,他のものは篆隷を自然に存在するものに寓して意匠化した特殊書体で雑体と呼ばれる。…

※「行書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行書の関連情報