コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掾号 じょうごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掾号
じょうごう

掾は,律令制における四等官の一つで,国において守 (かみ) ,介 (すけ) の下,目 (さかん) の上に位した。なお,大国においては大掾と少の2つがおかれた。鎌倉時代以降には町人,職人,芸能人の名誉称号となり,江戸時代には浄瑠璃の大夫 (たゆう) の芸名に用いられて,竹本筑後掾などと呼ばれ,大掾,掾,少掾の3階級があった。 (→判官〈じょう〉)

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

掾号の関連キーワード富士松薩摩掾(初代)富士松薩摩掾(1世)豊竹 山城少掾清元 志寿太夫新内 志賀大掾稀音家 四郎助宮古路豊後掾豊竹山城少掾富士松薩摩掾歌沢大和大掾伊藤出羽掾富本豊前掾人形浄瑠璃土佐少掾出目満喬受領

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android