コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揉紙 もみがみ

1件 の用語解説(揉紙の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

揉紙

揉紙とは、その名の通り、揉んでやわらげ、シワをつけた紙です。襖〔ふすま〕や掛け軸に使用する際、布地のようなやわらかい感触を出すため、このような揉み加工を施します。その独特の感触は紙細工でも好んで使用されます。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揉紙の関連キーワードやわら和らぎ和らげ和らげるやわらやわら緩頬白川原毛柔ら和調

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone