コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚浜法 あげはまほう

百科事典マイペディアの解説

揚浜法【あげはまほう】

塩浜(塩田)を利用する製塩法の一つ。それまでの自然浜の利用から,中世前には海岸の微高地を平たんに開いて,砂をまいて塩田の地場をつくり,この塩浜(塩田)に海水を汲み上げ,自然蒸発後,塩の結晶が着いた砂を集めて濃縮海水とし,これを煮つめて塩を生成した。
→関連項目製塩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android