コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺るぎ出づ ユルギイズ

デジタル大辞泉の解説

ゆるぎ‐い・ず〔‐いづ〕【揺るぎ出づ】

[動ダ下二]
よろよろと出てくる。震えながら出てくる。
「この翁、恐ろしと思ひながら―・でたれば」〈宇治拾遺・一〉
からだを揺すりながら悠然と出てくる。
「弓脇に挟み、烏帽子ひきたて―・でたる形勢は」〈保元・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

揺るぎ出づの関連キーワード烏帽子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android