コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺れない船 ゆれないふねhigh-stable cabin craft; HSCC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揺れない船
ゆれないふね
high-stable cabin craft; HSCC

客室の動揺を吸収できる船のことで,三菱重工業が 1987年に,双胴高速艇『うきしろ』 (全長 12.7m,総トン数 17t,旅客定員 12名,航海速力約 15ノット) として開発した。さらに,同社は 90年に定員 200名の揺れない大型旅客船 (全長 26.5m,総トン数 110t,航海速力 17ノット) を受注した。客室船体から分離し,船体上に設置した油圧制御装置および衝撃振動緩衝装置の上に客室を浮かせるもので,航行中の波浪によって生じる船体と客室の運動 (上下・前後・左右) を事前に検知し,客室の運動を予測する。さらにこの運動を打ち消すために油圧シリンダを伸縮させて (±400mmまで可能) 揺れを吸収し,常に客室を水平に保つよう制御する。 2mの波高に対応でき,1.5mの波高ではほとんど揺れを感じない設計になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android