客室(読み)きゃくしつ

精選版 日本国語大辞典「客室」の解説

きゃく‐しつ【客室】

〘名〙 家で、客を接待する部屋。客間応接間客座敷。また、旅館、列車、船、航空機などの客のはいる室。
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「楼上は則ち官局、楼下は則ち客室、室亦(また)二等有り」

かく‐しつ【客室】

〘名〙 客を応接する部屋。また、客の用いる部屋。きゃくしつ。
の半生涯(1904)〈福田英子〉一〇「妾(せふ)は、直ちに書生をして客室(カクシツ)に請(しゃう)ぜしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android