コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害算定

1件 の用語解説(損害算定の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

損害算定

交通事故による損害は人の傷害、死亡などに関する人身損害(人損)とクルマの破損に関する物件損害(物損)とに大別されます。このうち、人損は財産上の損害と精神的苦痛による損害に分けられ、さらに財産上の損害は積極損害消極損害とから成ります。積極損害というのは、治療費、看護費、交通費、葬儀費などから構成され、消極損害は事故に遇わなかったらその人がどの程度の収入を得ることができたかを示す逸失利益のことです。ちなみに精神的苦痛による損害は慰謝料になります。一方、物損はクルマの修理費、代車費用などが主なものです。これらを合わせると、交通事故による損害賠償額は、(積極損害+消極損害+物件損害+慰謝料)×相手方過失割合、という計算式によって算定することができるわけです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害算定の関連キーワード交通事故傷害保険交通禍交通事故傷害保険自転車総合保険土木構造物保険年金払交通傷害(長期)保険月掛ファミリー交通傷害保険積立いきいき生活傷害保険県内の交通死亡事故件数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

損害算定の関連情報