コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害算定

1件 の用語解説(損害算定の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

損害算定

交通事故による損害は人の傷害、死亡などに関する人身損害(人損)とクルマの破損に関する物件損害(物損)とに大別されます。このうち、人損は財産上の損害と精神的苦痛による損害に分けられ、さらに財産上の損害は積極損害消極損害とから成ります。積極損害というのは、治療費、看護費、交通費、葬儀費などから構成され、消極損害は事故に遇わなかったらその人がどの程度の収入を得ることができたかを示す逸失利益のことです。ちなみに精神的苦痛による損害は慰謝料になります。一方、物損はクルマの修理費、代車費用などが主なものです。これらを合わせると、交通事故による損害賠償額は、(積極損害+消極損害+物件損害+慰謝料)×相手方過失割合、という計算式によって算定することができるわけです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

損害算定の関連情報