コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

携帯電話税 けいたいでんわぜい

1件 の用語解説(携帯電話税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

携帯電話税

携帯電話の所持について課される可能性がある日本の税の仮称。2014年6月18日、自民党の有志議員ら約15人が、議員連盟「携帯電話問題懇話会」(会長・中山泰秀衆議院議員)の設立総会を開き検討に入った。課税の目的は、自動車への課税を下げるため、及び財政再建SNSを使った事件・犯罪の多発に対応するための青少年の安全対策強化に向けた予算確保などとなっている。徴収額は、携帯電話1台につき月100~1000円が検討されており、幅広く薄く徴収できる税と考えられている。同議員連盟では14年秋頃までに提言を取りまとめる方針。

(2014-6-23)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

携帯電話税の関連情報