コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

携帯電話税 けいたいでんわぜい

1件 の用語解説(携帯電話税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

携帯電話税

携帯電話の所持について課される可能性がある日本の税の仮称。2014年6月18日、自民党の有志議員ら約15人が、議員連盟「携帯電話問題懇話会」(会長・中山泰秀衆議院議員)の設立総会を開き検討に入った。課税の目的は、自動車への課税を下げるため、及び財政再建SNSを使った事件・犯罪の多発に対応するための青少年の安全対策強化に向けた予算確保などとなっている。徴収額は、携帯電話1台につき月100~1000円が検討されており、幅広く薄く徴収できる税と考えられている。同議員連盟では14年秋頃までに提言を取りまとめる方針。

(2014-6-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

携帯電話税の関連キーワードIP携帯電話アナログ携帯電話移動電話第一世代携帯電話第二世代携帯電話第四世代携帯電話WCDMAデコ電携帯電話のフィルタリング携帯電話の接続料

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

携帯電話税の関連情報