仮称(読み)かしょう

精選版 日本国語大辞典「仮称」の解説

か‐しょう【仮称】

〘名〙 正式の名が決まらない時に、あるいは、正式の名があるにもかかわらずの名で呼んでおくこと。また、その仮の名。
※盍簪録(1723か)「日本仮漢官、曰某州太守、最無拠、当某州刺史」 〔魏書‐孝文帝紀・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「仮称」の解説

【仮称】かしよう

名をかたる。〔魏書、孝文帝紀〕巫覡(ふげき)、鬼を假し、(みだ)りに吉凶(い)ふ。~の戴するに非ざるは、嚴に禁斷を加へよ。

字通「仮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android