仮称(読み)カショウ

デジタル大辞泉の解説

か‐しょう【仮称】

[名](スル)正式な呼び名がない場合に、仮に名づけておくこと。また、その仮の名。「この地点を甲と仮称する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしょう【仮称】

( 名 ) スル
正式の名が決まるまでの臨時の呼び名を付けること。また、その仮の名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐しょう【仮称】

〘名〙 正式の名が決まらない時に、あるいは、正式の名があるにもかかわらずの名で呼んでおくこと。また、その仮の名。
※盍簪録(1723か)「日本仮称漢官、曰某州太守、最無拠、当某州刺史」 〔魏書‐孝文帝紀・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮称の関連情報