仮称(読み)かしょう

精選版 日本国語大辞典「仮称」の解説

か‐しょう【仮称】

〘名〙 正式の名が決まらない時に、あるいは、正式の名があるにもかかわらずの名で呼んでおくこと。また、その仮の名。
※盍簪録(1723か)「日本仮称漢官、曰某州太守、最無拠、当某州刺史」 〔魏書‐孝文帝紀・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仮称」の解説

か‐しょう【仮称】

[名](スル)正式な呼び名がない場合に、仮に名づけておくこと。また、その仮の名。「この地点を甲と仮称する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android