コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂津親致(読み)せっつの ちかむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

摂津親致 せっつの-ちかむね

1246-1303 鎌倉時代の幕府官僚。
寛元4年生まれ。中原師連(もろつら)の子。藤原姓にあらため,摂津氏を称す。文永8年引付衆,弘安(こうあん)元年評定衆,摂津守(かみ)となる。8年問注所執事,正安(しょうあん)4年引付頭人。乾元(けんげん)2年4月14日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

摂津親致

没年:嘉元1.4.14(1303.5.1)
生年:寛元4(1246)
鎌倉幕府の評定衆。中原師連の子。藤原姓に改姓して,摂津氏を称する。文永8(1271)年に引付衆となり,弘安1(1278)年には評定衆に加えられた。同年摂津守となる。弘安7年,北条時宗の死去を機に出家し,法名を道厳と称した。弘安8年に問注所執事となり,永仁1(1293)年12月まで在任した。永仁3年には官途奉行,同4年安堵奉行,同6年には越訴奉行を兼務した。正安1(1299)年に奏事,乾元1(1302)年に引付頭人となった。<参考文献>佐藤進一「鎌倉幕府職員表復原の試み」(『中央大学文学部紀要/史学科篇』28~30,32号)

(永井晋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android