コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾元 ケンゲン

デジタル大辞泉の解説

けんげん【乾元】

鎌倉後期、後二条天皇の時の年号。1302年11月21日~1303年8月5日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんげん【乾元】

年号(1302.11.21~1303.8.5)。正安の後、嘉元の前。後二条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんげん【乾元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1302年から1303年まで、後二条(ごにじょう)天皇の代の元号。前元号は正安(しょうあん)。次元号は嘉元(かげん)。1302年(正安4)11月21日改元。後二条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。乾元年間の鎌倉幕府の将軍は久明親王(ひさあきらしんのう)(8代)、執権は北条師時(もろとき)(10代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

乾元の関連キーワード二階堂行貞(1)勾当内侍(1)日野有範(2)尊悟入道親王宇都宮公綱中御門宣明牧野 武夫後醍醐天皇祐助法親王承覚法親王皇朝十二銭二階堂行藤徳大寺公孝摂津親致不聞契聞青山慈永久明親王寿成門院万秋門院開元通宝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android