コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾元 ケンゲン

3件 の用語解説(乾元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんげん【乾元】

鎌倉後期、後二条天皇の時の年号。1302年11月21日~1303年8月5日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

けんげん【乾元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1302年から1303年まで、後二条(ごにじょう)天皇の代の元号。前元号は正安(しょうあん)。次元号は嘉元(かげん)。1302年(正安4)11月21日改元。後二条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。乾元年間の鎌倉幕府の将軍は久明親王(ひさあきらしんのう)(8代)、執権は北条師時(もろとき)(10代)。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

乾元の関連キーワードアルソ岩三部会乾元古川信組正安驪山三部会チマブエ伴野荘安達時顕

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乾元の関連情報