コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻寺 たいまでら

5件 の用語解説(当麻寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当麻寺
たいまでら

奈良県北西部,葛城市當麻にある真言宗浄土宗両宗の寺。山号は二上山禅林寺聖徳太子の弟の麻呂子 (まろこ) 親王の創建といわれる。初めは河内山田郷にあった万法蔵院を 681年に当麻国見 (たいまのくにみ) が現在地に移した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいま‐でら【当麻寺】

奈良県葛城(かつらぎ)市にある高野山真言宗および浄土宗兼宗の寺。正称は二上山禅林寺推古天皇20年(612)聖徳太子の弟の麻呂子(まろこ)王が河内(かわち)に建立した万宝蔵院を、天武天皇10年(681)役小角(えんのおづの)が移転、改称したという。奈良時代建造の東塔・西塔をはじめ国宝・重文多数を所蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

当麻寺【たいまでら】

奈良県北葛城郡当麻町(現・葛城市)にある。高野山真言宗・浄土宗の二宗兼帯の寺。612年麻呂子皇子が河内国に万法蔵院を創立,のち現在地に移して当麻寺と改称したと伝えるが,伽藍(がらん)配置の形式から奈良時代の創立とされている。
→関連項目大津道金堂当麻[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいまでら【当麻寺】

奈良県北葛城郡当麻町当麻にある高野山真言宗・浄土宗の2宗兼帯の寺。山号は二上山禅林寺。二上山の南東麓にあり,寺のすぐ西に丸子(まろこ)山(麻呂子山)がある。寺伝によれば,用明天皇の皇子麻呂子親王が612年(推古20)河内国交野(かたの)郡山田郷(二上山西麓)に草創した万法蔵院禅林寺を,同親王の孫当麻国見が役小角(えんのおづぬ)(役行者)の練行地である現在地に移し,681年(天武10)に起工,685年に至って諸堂舎が完成,寺号を当麻寺と改めたというが,もともと奈良時代初期に現在地に創建された寺で,この地に勢力をもつ当麻氏の氏寺であったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいまでら【当麻寺】

奈良県葛城市当麻にある高野山真言宗・浄土宗の寺。正称、二上山禅林寺。寺伝によれば、612年、聖徳太子の弟麻呂子王まろこのきみが河内に建てた万法蔵院に始まるという。681年頃現在地に移転し改称。東西両塔など国宝多数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の当麻寺の言及

【役行者】より

…それらの説話の中で役小角は,役行者と呼ばれて修験道と深く結びつけられるようになり,その修行地は生駒山,信貴山,熊野などにひろがり,やがて全国各地の修験道の山が,役行者の聖跡とされるようになった。また,役行者は孝養の心厚く,父母の供養につとめたり,母を鉢に乗せてともに唐に飛んで行ったという説話も生まれ,当麻(たいま)寺の四天王像は役行者の祈禱によって百済から飛んで来たという話をはじめ,当麻寺との密接な関係を説く説話も多い。鎌倉時代中期の《沙石集》には,役行者が金峰山の山上で,蔵王権現を感得したことが記されているが,修験道の本尊としてまつられるようになった蔵王権現を祈り出した役行者は,修験道の開祖とされるようになり,金峰山の山上ヶ岳山頂の蔵王堂の開創者と信じられることになった。…

【中将姫】より

…当麻(たいま)寺の曼荼羅(まんだら)を織ったとされる伝説上の女性。中将姫の物語を要約すると,継子虐待と当麻曼荼羅の由来にしぼることができる。…

【来迎会】より

…今もなお二十五菩薩来迎会・同練供養などと称して,弥陀の来迎引接と念仏者の極楽往生を演じる法会があるが,これらは11世紀以降さかんに催された迎講の遺風であり,思想的にも儀礼的にも脈絡を有している。その代表的なものは当麻(たいま)寺の来迎会であるが,ここでは中将姫の往生の場面が演劇化されている。来迎会に必要なものは,舞台としては極楽と現世を表象した極楽堂と娑婆堂,それに両者を結ぶ懸橋,また装具としては仏菩薩の面と装束などである。…

※「当麻寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

当麻寺の関連キーワード奈良県北葛城郡広陵町大塚奈良県北葛城郡広陵町笠奈良県北葛城郡河合町川合奈良県北葛城郡広陵町百済奈良県北葛城郡広陵町沢奈良県北葛城郡河合町穴闇奈良県北葛城郡広陵町広瀬奈良県北葛城郡王寺町舟戸奈良県北葛城郡広陵町的場奈良県北葛城郡広陵町南

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当麻寺の関連情報