コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦器 まさつき stridulating organ

1件 の用語解説(摩擦器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まさつき【摩擦器 stridulating organ】

体壁の一部が特殊化したやすり状部と,これに接する他の体部に隆起した摩擦片とからなる昆虫類の発音器官バッタ類ではやすり状部と摩擦片の分化があまり顕著でなく,後脚腿節の内側に1列に並ぶ微小突起で前翅の翅脈厚化部をこすって単純な音を発する。コオロギキリギリス類の雄の翅には高度に発達した摩擦器があって,独特の美しい歌を奏でることができる。コオロギ類では右前翅が上に,左前翅がその下に重ねられており,鳴くときには2枚の前翅をいろいろの角度に立てて,右前翅下面の翅脈に沿って刻まれたやすり状部を左前翅の後縁にある摩擦片でこする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

摩擦器の関連キーワード田安絶やす容易い田安門進化局限の法則特殊化交代の法則特殊化増大の法則特殊化追増の法則非特殊化の法則根本特殊化学

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone