コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撥鬢小説 バチビンショウセツ

デジタル大辞泉の解説

ばちびん‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【××鬢小説】

撥鬢奴を主人公にして、その任侠を描いた小説。村上浪六が好んで書き、明治30年代に人気を呼んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばちびんしょうせつ【撥鬢小説】

村上浪六の「三日月」をはじめとする撥鬢奴の達引たてひきを描いた小説の称。明治30年代に流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の撥鬢小説の言及

【村上浪六】より

…少年時代よりさまざまな境遇に転変の生活を送ったが,1890年《郵便報知新聞》に入社,翌91年同紙の日曜付録〈報知叢話〉に《三日月》を発表,主人公の男だて三日月次郎吉の痛快な活躍ぶりが読者に喜ばれ,幸田露伴の作かとまでもてはやされた。その後,朝日新聞社の専属作家となり,多くの任俠小説を書き,明治20年代の〈撥鬢(ばちびん)小説〉の大家と仰がれた。〈撥鬢〉とは江戸中期の町奴(まちやつこ)の髪形からの命名である。…

※「撥鬢小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報