コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

播磨鍋 ハリマナベ

デジタル大辞泉の解説

はりま‐なべ【×播磨鍋】

播磨産の銅製の鍋。熱を伝えるのがはやいという。
「―買はしませ、釜も候ふぞ」〈七十一番職人歌合・上〉
尻の軽い浮気な女。早く煮えることを「尻が早い」にかけていう。
「助平めが、―めが」〈伎・初買曽我〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はりまなべ【播磨鍋】

播磨国から産した銅製の鍋。熱の伝わりが早いという。 「韋駄天と虎と光陰-/柳多留 46
尻軽な女。浮気な女。 「助平めが、-めが/歌舞伎・男伊達初買曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

播磨鍋の関連キーワード七十一番職人歌合柳多留

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android