コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬文章生 ギモンジョウショウ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐もんじょうしょう〔‐モンジヤウシヤウ〕【擬文章生】

平安時代、大学寮詩文や歴史を学び、寮試に及第した者。文章生になるにはさらに試験があった。擬生(ぎそう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎもんじょうしょう【擬文章生】

平安時代、大学寮で行われる寮試に合格した者。文章生になるには、さらに式部省の省試に合格しなければならない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の擬文章生の言及

【紀伝道】より

…文章生は20人で,これを進士と称したが,その中の優秀な者2人を文章得業生とし,これは秀才と称した。また文章生の希望者が多いので,文章生候補者として,擬文章生20人が置かれた。そして学生は大学寮の寮試を受けて擬文章生となり,次に式部省の省試を受けて文章生となって,やがて種々の官職につき,一部は文章得業生から〈対策〉という作文の試験を経て,文筆の官職につく例で,多くの文人があらわれた。…

※「擬文章生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

擬文章生の関連キーワード平安時代式部省

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android