支保採掘法(読み)しほさいくつほう(英語表記)supported mining system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支保採掘法
しほさいくつほう
supported mining system

金属鉱山(→鉱山)などで用いられる坑内採掘法の一種。採掘期間中切羽の天または上盤,下盤を人工的に支持して採掘する方法。支持に用いられる材料または支持の方法によって,鉱体の一部を採掘搬出し,その跡を廃石廃滓,砂などで充填しながら全鉱画を採掘する充填採掘法と,打柱,鉄柱,スクエアセットなどによって,鉱石や上盤を支持しながら採掘する支柱採掘法に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android