コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支保採掘法 しほさいくつほうsupported mining system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支保採掘法
しほさいくつほう
supported mining system

金属鉱山(→鉱山)などで用いられる坑内採掘法の一種。採掘期間中切羽の天または上盤,下盤を人工的に支持して採掘する方法。支持に用いられる材料または支持の方法によって,鉱体の一部を採掘搬出し,その跡を廃石廃滓,砂などで充填しながら全鉱画を採掘する充填採掘法と,打柱,鉄柱,スクエアセットなどによって,鉱石や上盤を支持しながら採掘する支柱採掘法に分けられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

支保採掘法の関連キーワード無支保採掘法

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android