廃石(読み)はいせき

世界大百科事典 第2版の解説

はいせき【廃石 waste】

鉱山や炭鉱などにおいて,坑道掘進などの作業のために掘削されたが,鉱石や石炭としての価値がないため,廃棄される岩石。または選鉱選炭などの作業に選別され,廃棄される岩石をいう。鉱山で発生する廃石の一部は鉄道の路盤材,道路舗装材,坑内充てん材などとして利用されているが,余剰分は扞止堤などに堆積される。炭鉱で発生する廃石は坑内充てん材として利用されるものを除き,他は廃棄処分される。その結果として形成された廃石の山がいわゆるボタ山である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいせき【廃石】

採掘や選鉱の過程で廃棄された岩塊・岩片など。ぼた。ずり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廃石
はいせき

鉱山、炭鉱、採石場等で採掘あるいは選別の過程で廃棄される不用の岩石類をいう。処理過程によって塊状、粒状、泥状のものがあり、泥状のものを廃滓(はいさい)ともよぶ。土建材料、坑内採掘跡の充填(じゅうてん)材その他に一部利用されているが、それ以外は粗粒のものは廃石捨場に、泥状のものは廃滓ダムに堆積(たいせき)される。非鉄金属鉱山では採掘された原鉱の90%以上が廃石であって、その捨て場所が最近得がたくなっており、その処理および有効利用が検討されている。わが国の鉱山から出る廃石量は、1976年度(昭和51)で年間約800万トン、そのうち利用されているのは約20%である。
 金属鉱山および北海道の炭鉱では、廃石のことを俗に「ずり()」と称し、また九州の炭鉱では「ぼた(硬)」とよぶ。ピラミッド状に堆積した「ぼた山」は筑豊(ちくほう)炭鉱地帯の象徴であった。[麻生欣次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐せき【廃石】

〘名〙
① 鉱山で採掘したものの中で、選別して廃棄される岩石片。炭鉱のぼたのようなもの。
※火の山(1955)〈井上友一郎〉一「ボタ山というものは、〈略〉残余の廃石を堆高くピラミッド型に積みあげた屑の山だ」
② 建造物をとりこわしなどして、不用になった石片。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉二「筋違門撤去の際其廃石(ハイセキ)を以て眼鏡風の橋を作り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の廃石の言及

【扞止堤】より

…選鉱工場では,鉱石を単体分離して浮選(浮遊選鉱)などの選別操作を行うために,鉱石は74μm以下のものが70~95%程度になるまで細かく粉砕され,有用鉱物が分離回収されたのちに,大量の廃滓が生成される。この廃滓は廃石または尾鉱tailingと呼ばれる。廃石のうち,粗粒部は坑内充てん(塡)材などとして利用される場合が多く,残りは扞止堤に堆積される。…

※「廃石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android