コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改質ガソリン かいしつガソリンreformed gasoline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改質ガソリン
かいしつガソリン
reformed gasoline

ナフサ (低オクタン価の直留油) を接触改質法,熱改質法などで処理してできるガソリン。オクタン価 (→ノッキング ) が高く,ナフサより炭素原子が少く,比重が軽い。自動車ガソリンとして利用されるほか,芳香族化合物を多く含むため石油化学原料としても使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改質ガソリンの関連情報