コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触改質 せっしょくかいしつcatalytic reforming

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくかいしつ【接触改質 catalytic reforming】

直留重質ナフサなどを原料として,高オクタン価ガソリンあるいは化学原料としてのベンゼントルエンキシレンなどの芳香族炭化水素を生産する目的で行われるプロセスをいう。この反応は固体酸を担体とした白金系触媒を用い,水素加圧下で行われる。 原油を常圧蒸留して得られる直留重質ナフサ(沸点約80~180℃)は多くの場合,オクタン価が低く,芳香族含有量も少ない。しかしその主成分であるパラフィンあるいはシクロパラフィンを次のような反応によって芳香族炭化水素に変換(改質)することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の接触改質の言及

【改質法】より

…また,石油ナフサを水素の存在下に,白金と酸性アルミナから成る触媒上で,約500℃,15~50気圧の条件下で反応させると,オクタン価の高いガソリンが得られる。これを接触改質と呼ぶ。この方法では,オクタン価の低いn‐パラフィンがオクタン価の高いイソパラフィンに異性化する反応,またn‐パラフィンが環化,脱水素して,やはりオクタン価の高い芳香族炭化水素を生成する反応が起こる。…

※「接触改質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接触改質の関連キーワードリホーミング(接触改質法)プラットホーミングハイドロホーミング改質[ナフサ]水素化精製法石油化学工業改質ガソリン芳香族化反応接触変成法接触改質法水素化脱硫脱水素反応芳香族化ガソリン石油化学プロパン製油所ブタン改質法燃料

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android