コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳香族炭化水素 ほうこうぞくたんかすいそaromatic hydrocarbon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳香族炭化水素
ほうこうぞくたんかすいそ
aromatic hydrocarbon

ベンゼン環を含む炭化水素。芳香族炭化水素の基本となるのはベンゼンであって,その誘導体として数多くの芳香族炭化水素がある。単純な構造のものを例示すれば,ベンゼン環にアルキル側鎖のついたトルエン,キシレン,2個以上のベンゼン環が単結合によって結合したジフェニル,テルフェニル,2個以上のベンゼン環が縮合したナフタリン,アントラセンなどがある。 (→芳香族化合物 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

芳香族炭化水素

 アレーンともいう.ベンゼンと同様の化学的性質をもつ化合物の総称.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の芳香族炭化水素の言及

【化学工業】より

…コークスや石炭ガス需要が増大するにつれ,それまで廃物として取扱いに困っていたコールタールを有効に利用することが考えられるようになった。A.W.vonホフマンを中心にコールタールの分析が進み,芳香族炭化水素であるベンゼンが発見された。1856年には弟子の一人であるW.H.パーキンが,ベンゼンからアニリン染料〈モーブ〉を合成するのに成功した。…

※「芳香族炭化水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

芳香族炭化水素の関連キーワードアルキルベンゼンポリフェノールアンチノック剤フェナントレンベンゾピレンウルマン反応芳香族化反応サーキュレンナフタレンビベンジルピクリン酸テトラセンヘキサセンヘプタセンペンタセン接触変成法ガス軽油ペリレンコロネン発癌物質

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android