コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳香族炭化水素 ほうこうぞくたんかすいそaromatic hydrocarbon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳香族炭化水素
ほうこうぞくたんかすいそ
aromatic hydrocarbon

ベンゼン環を含む炭化水素。芳香族炭化水素の基本となるのはベンゼンであって,その誘導体として数多くの芳香族炭化水素がある。単純な構造のものを例示すれば,ベンゼン環にアルキル側鎖のついたトルエンキシレン,2個以上のベンゼン環が単結合によって結合したジフェニル,テルフェニル,2個以上のベンゼン環が縮合したナフタリン,アントラセンなどがある。 (→芳香族化合物 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

芳香族炭化水素

 アレーンともいう.ベンゼンと同様の化学的性質をもつ化合物の総称.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の芳香族炭化水素の言及

【化学工業】より

…コークスや石炭ガス需要が増大するにつれ,それまで廃物として取扱いに困っていたコールタールを有効に利用することが考えられるようになった。A.W.vonホフマンを中心にコールタールの分析が進み,芳香族炭化水素であるベンゼンが発見された。1856年には弟子の一人であるW.H.パーキンが,ベンゼンからアニリン染料〈モーブ〉を合成するのに成功した。…

※「芳香族炭化水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芳香族炭化水素の関連キーワードアルキルベンゼンフェナントレンアンチノック剤ポリフェノールウルマン反応ベンゾピレンサーキュレン芳香族化反応接触変成法ヘキサセンピクリン酸ナフタレンビベンジルヘプタセンペンタセンテトラセンペリレンコロネンガス軽油発癌物質

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芳香族炭化水素の関連情報