コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線業務従事者 ホウシャセンギョウムジュウジシャ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせんぎょうむ‐じゅうじしゃ〔ハウシヤセンゲフム‐〕【放射線業務従事者】

X線装置・加速器電離放射線発生装置などの使用、放射性物質等の取り扱い、原子炉の運転、核原料物質の採掘など、労働安全衛生法施行令の別表第二に定められた業務に従事する人。
[補説]電離放射線障害防止規則により、放射線業務従事者の被曝限度は、通常作業の場合、5年間で100ミリシーベルト、かつ1年間50ミリシーベルト以下、緊急作業時は100ミリシーベルト以下などと規定されている。平成23年(2011)の福島第一原発事故の際には、250ミリシーベルトに引き上げられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

放射線業務従事者の関連キーワード放射線業務従事者の被曝管理雰囲気線量線量限度職業被曝補説

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android