コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核原料物質 かくげんりょうぶっしつnuclear source material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核原料物質
かくげんりょうぶっしつ
nuclear source material

ウラン鉱,トリウム鉱など,ウラン,トリウムの化合物を含み,加工処理を施すと核燃料物質になる物質。日本では原子力基本法第3条3項で定義され,詳細は政令で定められる。核兵器不拡散条約 NPTで保障措置を決められた国際規制物資に相当し,核兵器などに使う道を閉ざすため,所持,使用に制限がつけられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の核原料物質の言及

【核物質】より

…(3)濃縮ウラン,プルトニウムおよびウラン233の金属および化合物。(4)上記(3)のいずれかを含む物質)と〈核原料物質〉(ウランまたはトリウムの金属または化合物を含む物質で核燃料物質でないもの。たとえばウラン鉱石)とが用いられている。…

※「核原料物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

核原料物質の関連キーワード動力炉・核燃料開発事業団放射線業務従事者原子力規制委員会特定原子力施設原子炉等規制法ウラン鉱鉱山保安炉規法核物質鉱山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android