コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放送業 ほうそうぎょうbroadcasting industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放送業
ほうそうぎょう
broadcasting industry

電波を用いて情報と娯楽を提供する企業。ラジオ (AM,FM,短波) とテレビジョン (VHF,UHF,BS,CS) の2種がある。一部,小規模の有線放送もあるが,普通は無線放送による。経営形態には,受信料収入による国営放送または準国営の公共放送と,広告収入による商業放送がある。アメリカは商業放送が中心,共産圏はすべて国営放送で,ヨーロッパは国営放送の国と,公共企業体の運営による公共放送と商業放送との併存の国がある。日本は受信料による日本放送協会 NHKと,商業放送の民間放送が共存し,放送法で両者を分けて規定している。日本の民間放送は第2次世界大戦後 (ラジオ 1951,テレビ 53) に発足し,急速に発展した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

放送業の関連キーワードエスエムピーティーイー [SMPTE] <録音用語>ホワイトスペース(通信、放送)シンフ゜ティー(SMPTE)ドナルド・C. ジャミソンアール・ケー・ビー毎日放送日本版FCC通信放送委員会奈美木岟里(草部文子)噛む・嚙む・嚼む・咬むビデオテープレコーダブロードバンド放送ホルスト ビーネクNHK放送博物館イギリス放送協会有線ラジオ放送法フジテレビジョン委託放送事業者V日本新聞協会萩原 吉太郎レーティング

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放送業の関連情報