コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放鷹 ホウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐よう〔ハウ‐〕【放×鷹】

鷹狩(たかが)りをすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうよう【放鷹】

( 名 ) スル
鷹狩りをすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の放鷹の言及

【鷹狩】より

…鷹野,放鷹(ほうよう)ともいう。猛禽類のタカ(オオタカハイタカツミ),ハヤブサ(ハヤブサ,コチョウゲンボウ),ワシ(イヌワシクマタカ)などを馴養して,これらに常食の鳥獣を捕捉させ,それを遣(つか)い手がとりあげる間接的な狩猟法である。…

【鷹匠】より

…放鷹(ほうよう)(鷹狩)に使う鷹の飼育・訓練を担当する人,江戸幕府・諸藩の職制。放鷹の慣習の日本への伝播は4世紀の中ごろといわれているが,このさい鷹匠も専門の技術職として成立したと考えられる。…

※「放鷹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放鷹の関連キーワード鷹狩り・鷹狩板坂卜斎覚書高田善蔵藤原保忠徳川慶喜青山忠成柳生三厳近衛前久松平乗邑源公忠鷹甘部岩槻藩花見薫鷹狩り鷹場鷹匠鷹狩道鏡鳥見采配

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放鷹の関連情報